感性・官能評価システム J-SEMS

CATA法とは

CATA法(Check-All-That-Apply)は、マーケティング調査で主として用いられる方法で、パネリストに複数の評価用語の中から試料の特徴を表すと思う用語をチェックリストの中からチェックしてもらい(表1)、それぞれの評価用語がチェックされた数を基にして試料の特性を明らかにしようとするものです.

それぞれの評価用語に関して、チェックされた頻度に違いがあるかをコクランのQ検定により検定します。表2は、コシヒカリ、低たんぱく米、ミルキークイーン、ササニシキの4種類の炊飯米を食べて評価した時の結果で、評価用語は、「好きな味」から「あっさり」まで、11個の用語を使用しています*)

*)島村・小泉・峯木・市原 (2017) 飯の官能評価の時系列変化.日本家政学会誌, 68, 9, 478-485.

 

表1 CATA:チェックリスト

好きな味
嫌いな味
甘い味
甘い香り
程良い粘り
飲み込みやすい
ねっとりとした
かたい
渋味
酸味
あっさり

 

 

表2 CATA法による各用語の選択頻度

コクランのQ検定

 

例えば、「好きな味」に関して、n人のパネリストのそれぞれが、k個の試料についてチェックしたか(1)、チェックしなかったか(0)という一覧表(表4)を基に、試料間でチェックした比率に差があったかどうかを検定するものです。

表4 CATA法結果(あっさり)

 

検定統計量Qは下記の式で求めます。

 

Q=[(k-1){kΣUi2-(ΣUi)2}]/{kΣXi-(ΣXi2)}

    ={3×(4×222-282)}/{4×28-58}

     =5.8

k:試料の数 4

 

求めたQをχ2乗値として、χ2乗検定を行います。なお、自由度はk-1=3です。

検定表より、自由度3で危険率5%のχ2乗値は、7.81ですが、得られたQ値は5.8で、その値よりも小さかったことから、試料間の比率に差はない(有意ではない)ことになります。

表2にCATAによる炊飯米の官能評価で、用いた評価用語ごとにコクランのQ検定を行った結果が示してあります。